省エネで光熱費減

真空式太陽熱温水器を標準装備

エコな家【ECONAIE®】は太陽光エネルギーを効果的に利用する真空式太陽熱温水器「FUJISOL」(太陽光社製)を1台標準装備しています。これによってエネルギーコストをかけない給湯が可能になります。天候により差はありますが、埼玉県川越市の家では「FUJISOL」1台で300日分のお湯が賄えました。これによってガス料金が大幅に削減できます。

屋根に固定された太陽熱温水器「FUJISOL」

屋根に固定された太陽熱温水器「FUJISOL」

室内で温度が一目でわかるパネルを設置します

お湯の温度、水量が一目でわかるパネルを室内に設置します

湿度管理はエアコン1台でOK!

ヒトは呼吸や汗などで、1時間に80ccの水分を空気中に放出しています。高気密住宅では快適性を高めるために湿度を取り除く必要があります。空気中の水分は結露させることで取り除くことができます。結露させる機能を持った代表的な機器がエアコンです。エアコンの除湿(ドライ)機能を常時運転することで湿度を最も快適な50〜60%に維持することができます。除湿機能は季節により異なりますが24時間稼働しても1日の電気代は約30円〜90円です。エコな家【ECONAIE®】の室内は空気が循環するため、床面積100㎡の家でも必要なエアコンはたった1台です。これで家中が年間を通して快適な湿度に保たれます。

井戸を利用した除湿システムも

井戸水が利用できる土地であれば、自然エネルギーを有効活用した除湿システムを設置することも可能です。温度の低い井戸水を除湿装置に通水させ冷やされた配管が結露することで室内を除湿します。通水管が2.5cm以内のため許可申請などは特に不要で、当社保有の掘削機を使用します。自然エネルギーを利用した除湿システムが、より環境に優しく快適な室内空間を実現します。
※井戸水を利用した除湿システムはオプション品です。

床暖房のいらない家

真冬の室内はエアコンを使用しなくても13℃以下に下がることがないため床暖房が不要です。ベタ基礎構造で床まで断熱されており冬場でも1階の足元の温度が冷えないため、暖房を利用しなくても一年中裸足で過ごすことができます。室内の温度差が2〜3℃と小さいため、風呂場と脱衣場の温度差を原因とするヒートショックなどの健康への負担も抑えられます。高気密で熱伝導を遮断するエコな家【ECONAIE®】は暖房や冷房の効率も非常に良いため、1台のエアコンを稼働するだけで家中が快適な温度と湿度に保たれるのです。

光熱費を抑えても快適に暮らせます

このようにエコな家【ECONAIE®】は冷房や暖房の効率を高め、ガスや電気での給湯を太陽熱に置き換えることで大幅な光熱費の削減に貢献します。一般的な住宅1軒の生涯光熱費(40年換算)はおよそ1,000万円といわれています。エコな家【ECONAIE®】の仕様では、光熱費を65%程度削減することが可能です。これを生涯光熱費に換算すると、およそ650万円の光熱費の削減になるため、長期的にエネルギー効率の悪い住宅に住み続けるのと比べ圧倒的なコストパフォーマンスを発揮できるのです。